【子供たちとバトル】勝てなくても戦い続けなくてはならんのです

人生いろいろ。

どんな人でもいつかは必ず、勝負しなくてはならないときが来るかと思います。

いざ、尋常に勝負!!そうなったとき、あなたは何を考えますか?勝てるかな?負けそうかも…。

絶対に勝てない戦い。

そんな戦いにあなたは立ち向かえますか?

今回はパパが今まで挑んできた、子どもたちとの熱きバトルについて書いていきます。

スポンサーリンク

第一試合 ジャンケン

どっちのアイスを食べるか、あーちゃんとジャンケン勝負。

「最初はグー。ジャンケン…。」

パパ:パー あーちゃん:グー

やったぁ。パパの勝ちだね。

「最初はグー。」

…えっ?あーちゃん?

ジャンケン…

パパ:グー あーちゃん:チョキ

パパの勝ち…だよね?

「最初はグー。」

ん?あーちゃんが勝つまで終わらない?

ジャンケン…

パパ:パー あーちゃん:チョキ

「やったぁ。あーちゃんの勝ち。じゃあ、あーちゃんはこっちのアイスね。パパはこっち食べてね。」

…わかりました( ´△`)

第一試合勝者 あーちゃん

第二試合 カルタ

「あーちゃんが読むからパパとりっちゃんでとってね。いぬもあるけば…。」

「はい。」

よし、パパとった。

「それ、りっちゃんがとるいぬさんだよ?次はパパとっちゃだめね!!」

えっ?お休み?

「それじゃ次ね。さるもきから…。」

「はい。りっちゃんとったー。」

10回お休み後…

「次はパパがとってもいいよ。」

長いお休みでしたわ。

「それじゃパパね。はなよりだ…。」

はい。パパとった。

「はいパパおしまいね。次からりっちゃんね。」

えっ。もう?また10回お休み…。

そして…。

「わーい。りっちゃんいっぱいとった。パパ少ないねw」

そうだねぇ…。

第二試合勝者 りっちゃん

第三試合 指差しゲーム

「パパ、指差しゲームやろう?」

五十音のひらがながかかれたボードをテーブルに置くあーちゃん。

「指差しゲームってなに?」

「言ったものをはやく指差したひとが勝ちのゲーム。パパとあーちゃんで勝負ね。」

「はいよ。誰が読むの?」

「あーちゃん。」

…えっ?

試合開始!!

「”か”はどーこだ。はい。」

“か”は、の時点で”か”を指しているあーちゃん。

「あーちゃんの勝ち。次いくよ。”む”はどーこだ。はい。」

あーちゃんの圧倒的なはやさに全くついていけないパパ。

何これ?そんな反射神経兼ね備えていないですけど!理不尽すぎる運ゲーってこと?

そして…

「あーちゃん全部勝ち。パパ遅いね。」

ははは、そうだねぇ

第三試合勝者 あーちゃん

▽広告▽

第四試合 かけっこ

「りっちゃんとパパでかけっこ勝負ね。」

「わかった。よーいドンでね。」

「そうだよ。パパはりっちゃんがゴールしたらスタートね?」

えっ。審判どういうこ…

「それじゃよーいドン。」

ドンで走り出すりっちゃん。りっちゃんがゴールするまでスタートできないパパ。

りっちゃんゴール。と同時にパパスタート。パパゴール。

「今回の勝ちはりっちゃんでした。」

…でしょうね。

第四試合勝者 りっちゃん

第5試合 ストライダー

ストライダーのガチ勝負!

まずはあーちゃんとパパで勝負。

よーい、ドン!!パパ完敗。

続けてりっちゃんとパパとの勝負。

よーい、ドン!!また負け。

なんでかって?大人にストライダーは乗りこなせません。

サイズが小さすぎ。ちゃんと乗って、地面に足をつけるのがしんどい。ましてや蹴とばすのなんかもっと無理!

パパ、弱いねー。そうだねー。

第五試合勝者 あーちゃんとりっちゃん

第6試合 柔軟体操

あーちゃんとりっちゃんとパパ。前屈で対戦。

この勝負は想像つくでしょう?パパガチ敗戦。

パパ、ここまでできないの?できないんです!

小太りおっさん、体ががちがちに固まってるから全然できません。これはショックです。

柔軟体操、毎日やるようにしよう!

第六試合勝者 あーちゃんとりっちゃん

絶対に勝てない試合がそこにある

パパの敗戦の一部を紹介しました。

野球とかサッカーとかスポーツでいろいろ誤審だ、ふざけるなと言われることもありますが、みなさんここまで理不尽なルールで戦ったことはありますか?

中東の笛より凶悪な娘たちのジャッジ。

それでも試合後、彼女たちはニッコリ笑顔になるので、勝てない試合に挑み続ける意味もあるのかと思います。

そして今日もまた絶対に勝てない戦いに挑んでいきます。

また相撲で負けました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました