【お菓子作りに挑戦】子供たちとベビーカステラをつくってみた

娘たちも少しづつ成長して、積極的にお手伝いをしてくれるようになりました。

ふざけたり、失敗したりいろいろ紆余曲折することはありますが、うまくご機嫌取りをしながらやってます。

関連記事:お手伝いしましょうか?

そんな彼女たちが今一番はまっているお手伝いは、ご飯作り。

今までおままごとで遊んでた食材を実際切ったり、鍋に入れたり、フライパンで焼いたりするのが楽しいみたいですね。

何より、エプロンが着たいみたいで、

ご飯作るの手伝ってー、ってママが言うと走って自分の洋服タンスのところに行き、エプロンをあさりだします。

そんな娘たちとパパも一緒に料理がしたいなって思って、探してみると、

ベビーカステラーカー

なるものを発見!

これならパパでも簡単にできるかなって思い、娘たちと一緒に作ってみることにしました。

スポンサーリンク

使ったベビーカステラメーカーはこれ!

使ったベビーカステラメーカーはこちらです。

そもそもなんで、ベビーカステラを作ろうかと思ったのか?

最初はホットケーキミックスを探しに行ってたんです。ホットケーキなら手軽に作れるだろうと思って。

そして売り場を歩いていてたまたま見つけたのがベビーカステラメーカー。

そういえば、ベビーカステラはいつも子供たちがお祭りに行くときに買ってたよな。

ホットケーキは朝食べることが多いけど、ベビーカステラはそんなに食べる機会ないし、家で作ると楽しいだろうな。

そんなふうに思って買ってみました。

パパが一人で買い物に行くとだいたいこんな感じになりますね。そして帰ってママに怒られるのがいつものパターン。

ベビーカステラを作ってみた!

というわけで、ベビーカステラを作ってみました。

分量はベビーカステラメーカーの箱に書いてあり、わかりやすい。

  • ホットケーキミックス 150g
  • 牛乳         100mL
  • 卵          1個
  • 砂糖         適量

これで27個分。1回で9個焼けるので、これで3回分。

タネを作ったら、実際に焼いていきます。

油を使わなくても大丈夫みたいなので、そのままタネを入れていきました。

最初は計量カップを使って注いでいってみたのですが、どうもうまく入れられなくて、スプーンを使って入れていきました。

こんな便利グッズがあればよかったのですが、さすがに準備できず。

タネを入れ終わったら、ふたを閉じて3分ほど待ちます。

そして3分後。

焼けました。

できたーって大喜び。その笑顔を見てパパ満足。

出来立てアツアツのベビーカステラはおいしいですね。

娘たちは自分たちで作ったベビーカステラをもってお友達のおうちに遊びに行きました。

家に残ったパパはお片付け。きれいな布巾で水拭きしたあとに乾拭きしたら掃除終了。

簡単でありがたいですね。

お友達のおうちから帰ってきた娘たち。

お友達にも好評だったようで、今度一緒に作るみたいです。また楽しみがひとつ増えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました