お相撲でたわむれる

「パパお相撲やろう?」

その一言から始まる今日の取り組み。

あーちゃんとりっちゃんの最近のブームとなっているお相撲。

お風呂入って、歯磨きして、相撲をする。相撲をしてからでないと寝てくれません。

以前までは、絵本を読んでおとなしく寝てたのに、絵本を読み終わっても、

「次はおすもうね!」

って。取り組みが始まってしまいます。

また寝付くまで時間がかかるようになってしまいました。

そして、相撲の中継がテレビで始まるとガン見。集中してみているため、まったく動きません。

どうしてこんなことになってしまったのか?

なんで相撲にはまってるのか?

あーちゃんとりっちゃんが相撲にはまっている要因。それは間違いなく

保育園の影響

です。

保育園ではお相撲のイベントがいっぱいあるんです。

すもうごっこで遊ぼう

すもうごっこ、子供のころやったの覚えてないですか?今の子供たちもすもうごっこをやってます。

保育園で体操の時間に行われるすもうごっこ。あーちゃんもりっちゃんもお気に入りのようです。体操遊びをした日は、ニコニコしながら

「すもうごっこやったんだ。」

って、パパに教えてくれます。

すもうごっこは純粋に体力もつくし、子供ながらに勝ってうれしい、負けて悔しいという学び、心の成長もできるので、いいことがいっぱいかなって思います。

これからもガンガンお友達とお相撲をとってほしいな。

保育園にお相撲さんがくる

さらには、年に1回力士が保育園にきてくれて、お相撲大会をしてくれます。

複数の子どもたちが一斉に大きなお相撲さんに挑んでいく。

「こわーい。」

っていって泣き出しちゃう子もいるようですが、みんなで果敢に挑んでいっているようです。

そして、相撲を取り終わったら、子供たちと一緒に昼食会。

これだけ力士と身近にかかわっているので、テレビで映ってるときに、

「あ、お相撲さん。」

って指さして、怖がらずにガン見するのも納得かなって思います。

あーちゃん、りっちゃんと相撲で勝負

さて、今夜もあーちゃんとりっちゃんとの一番。あーちゃんとまずは対戦。

「手をつく線はここで、ここから出たら、負けね。」

あーちゃん、相撲をわかっていらっしゃる。そして、四股ふみをします。

「よいしょ、よいしょ。」

仕切り線に手をついて、はっけよーい…

「ちょっとまった。」

突然止めるあーちゃん。どうした?

「しろい砂まいてない!」

白い砂?塩のこと?

「しろい砂まいてー。」

グーにしてた手をパーにしながら思いっきりふって、塩をまく演出。さすが、いっぱい見てるだけあって相撲をわかってらっしゃる。

では改めて、仕切り線に手をついて、

「のこった。」

ぐーっと目いっぱいの力で押すあーちゃん。だいぶ力がついてきたなってしみじみ思うパパ。

あーちゃんとの相撲対決、だいたいあーちゃんが勝ちます。理由は2つ。

①ずっと残ってるとあーちゃんの本気張り手がバンバン飛んできて痛い。

②たまには勝つけど、負けないとエンドレスに相撲の取り組みが行われてしまう。

なので、寝る前の相撲となるとちょっとのこってから、パパが押し出されてたいてい負けます。

「あーちゃんの勝ち。」

ニコニコして嬉しそう。これでまず一戦終了。

「次はりっちゃんね。」

りっちゃんとの取り組みが開始…と、

「りっちゃんはあーちゃんと一緒のチームでパパと戦いたい。」

言い出すりっちゃん。そして、変則マッチになります。

同じく四股ふんで、しろい砂なげて、

「はっけよーい、のこった。」

この取り組みは速攻で終わらせます。ります。

理由は一つ。4つの手から繰り出される張り手がマジで痛いから。

ということで、すぐに押し出されるパパ。

「やったー。」

「わたしたちの勝ちだー。」

手を取り合って喜ぶ2人。嬉しそうで何より。

「もうねなさーい。」

ママの声が聞こえたら、今日の取り組みはすべて終了。お疲れさまでした。また明日元気に頑張ろう。

これで、りっちゃんがまたやせるといいな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました