【遊びで体感】そり滑りで物理を学ぼう

あーちゃんもりっちゃんもお外遊びが大好き。
朝起きてから、日が暮れるまで、一日中お外で遊んでます。

転んでキズができてもお構いなし。
絆創膏さえ貼ってしまえばもう大丈夫。
心配するな、ガンガン行こうぜ。

そんな感じで、いつもお外遊びを思いっきり満喫しています。

そして、今回の遊びはそり。
2人とも芝そりが大好きで、芝そりができる公園に行くとエンドレスに滑ってます。

ここで、パパ思いました。
そり滑りって、そういえば物理学なんだよな。
(→子どもと遊ぶ時、こんな変なことばかり考えてます(^^;))

今回は子どもたちのそり滑りに付き合って遊ぶパパについて、
なつかしい記憶とともに、理系レポート風に体感レポートを記載します。

そり滑り(斜面を落ちる運動)を体感する

○年○組 ○番 ぬりえパパ

スポンサーリンク

そり滑りを体感する 目的と方法

目的

2人の娘が大好きなそり遊び。一緒にパパも遊ぶことになった。
娘たちと遊んでる途中に、
あれ、これ物理なんじゃね?
って考えるようになったパパ。

今回の目的は、娘たちのそり遊びを通じて、
斜面を落ちる運動を体感しながら、学び、
物理学のおもしろさ(笑)を伝えることとする。

方法

ただひたすら、娘たちが飽きるまで、そりを滑り続ける。
以上!!!!

そり滑りを体感する 原理

簡単に言うと、重力があるから物は落ちます。
理想的ななめらかな面(究極のツルツル面)だと、
そのまま斜面を落ち続けることが可能ですが、
そんなものは世の中にあるわけはなく、
どんな面でも”摩擦”というブレーキがかかるため、
途中で止まってしまいます。

これがそり滑りの原理。
もっとまじめに勉強したい人のために
あらい斜面をすべり下りる物体の運動(わかりやすい高校物理の部屋 さんより)

そり滑りを体感する 結果

結果1 あーちゃんとそり遊びを体感する

怖いもの知らずのあーちゃん。
斜面をひとりでガンガンすべり下ります。
そりが滑っていき、徐々にスピードが落ちて止まる、
原理通りの結果となりました。

ただ、あーちゃんとのそり滑りには問題点もあり…。
それは、あーちゃんはそりを滑ることしかマックス頑張らないこと!

そりをスタートまで運びあげるのはパパの仕事。
① あーちゃんと一緒にそりを担いでスタートまで登る。
② あーちゃんスタート準備OK。パパ押す。
③ あーちゃんすべり切る。パパ階段で降りて合流。
④ ①にもどる。

”そりを滑る”物理には興味あるみたいなんですが、
”ものを持ち上げる”物理には興味がないご様子。
そこにも”仕事”があるんですけど…。

徐々に疲れで押す力が弱まるパパ。
そして、初回ほどスピードが出ずに徐々に飽きるあーちゃん。

自分でそりを持ち上げる”仕事”について次回考える必要がありそうです。

結果2 りっちゃんとそり遊びを体感

りっちゃんはまだ一人じゃ怖くて滑れません。
パパと一緒に物理学を体感。
あーちゃんと一緒で原理通りの結果となりました。

でもぼちぼち一人で滑って行ってほしいパパ。
試しに乗るふりをして、そりを押してしまうことにしてみました。

最初はそりが勝手に動いてしまったとおもって、
後ろを振り向きながら戸惑っていたりっちゃんでしたが、
ちょっとしたらひとりすべりを満喫。
すべり切った後にあーちゃんとパパで
「りっちゃん、やったー。」
って、拍手しながら言ったもんだから、りっちゃん上機嫌。

それからは、
「りっちゃんひとりでやる。」
って、パパからそりをとって、自分で滑り出すりっちゃん。
りっちゃんは、物理学を体感してひとつ大人へ成長。
ただ、そのパパから取り上げたそりは、
言わずもがな、”ものを持ち上げる仕事”をこなした後の一品。

そり遊びを体感する 考察

結果1、2より、
あーちゃんもりっちゃんも、
そり遊びを通して物理学を体感できた様子。
目的は達成されました。

ただ、結果1、2より、
2人は”ものを持ち上げる仕事”を理解していないようであります。

なので、あーちゃんとりっちゃんと3人で行く芝そり遊びは、

① 2人のそりを持ち、スタート地点まで上がる。
② 準備ができたあーちゃんを後ろから押す。
③ りっちゃんと一緒にそりに乗り込み滑り出す。
③’ りっちゃんが1人で乗れるようになってからは準備ができたりっちゃんを後ろから押す。
④ 階段を下りて2人を迎えに行き、①に戻る。

の繰り返しになります。
パパの負担大きくないですか?
でもそこは2人の笑顔で還元されるということで。
今度は”ものを持ち上げる仕事”について、物理学を体感させないといかんと思いました。

子供と外遊びするときは虫よけ、日焼け止めも忘れずにね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました