【三女誕生!】ミルクをあげたいお姉ちゃんたち

わが家に三女が誕生しました。

はじめての赤ちゃんと対面して、娘たちが大興奮。かわいいね。かわいいね。って毎日2人で言い合いっこしてます。

私がお姉ちゃんだからね。違う、私がお姉ちゃん。

年子の2人は今までお互いお姉ちゃんと妹という感覚がなく、ほぼ同士として生きてきたから、初めてお姉ちゃん、っていう自覚が芽生えたのかもしれません。

赤ちゃん、泣いてるね。抱っこしてあげようか?

赤ちゃん、くっさーい。うんちしたんじゃない?

いろいろと面倒見がよく、ママやパパに教えてくれるお姉ちゃんたち。一緒にいるときは常に赤ちゃんに気配りしています。

ミルクあげてみる?

ママのこんな一言から、2人のチャレンジが始まりました。うまくミルクをあげることができるかな?

スポンサーリンク

ミルクをあげたいお姉ちゃんたち

ミルクの調乳はもちろんパパのお仕事。でも娘たちは興味津々。子供用の小さい階段を持ってきて、我さきにのぞこうと必死です。

熱いお湯使うからあっちで待ってて。ってパパは言うんですけど、全然そんなことお構いなし。ミルクができるまで、パパのそばから離れません。

あーちゃんとりっちゃんに気を取られると、ミルクを何杯入れたのか忘れちゃうので、作るのも一苦労。

ようやくできたミルクをもって、三女のもとに駆け寄ります。

娘たちがミルクあげに挑戦

まずは、あーちゃんから。授乳クッションをお腹において、いざ授乳。

ごくごくごく。ちゃんと飲めてるな。

でもあーちゃんの手が疲れてきてしまいました。ミルクを持つ角度が落ちてきてしまって、赤ちゃん飲みずらそう。下がってきた哺乳瓶を支えてあげようと手を出すと、だめ!って怒られてしまい、お助けもできず。

そんな感じで眺めていると、赤ちゃんが飲み終わる前にあーちゃんが疲れ切ってギブアップ。りっちゃんにタッチ。なんですが…

赤ちゃん、これも飲むかな?

りっちゃんが持ってたのは、人形の哺乳瓶。誤飲したら大変だからやめてくれ。りっちゃん、それは飲まないから、こっちにしようね。

いったん赤ちゃんにげっぷさせてから、あーちゃんと同じように授乳用クッションをお腹にまいて、りっちゃんに赤ちゃんをあずけるパパ。そして、

ごくごく。ちゃんと飲めてるね。

順調に飲めてるけど、同じく手が疲れてギブアップのりっちゃん。最後はお疲れ気味の2人に囲まれながら、パパがミルクをあげて終了。

ミルク疲れちゃったね。でも楽しかったね。

2人とも大満足。離乳食になったときは、全部ご飯あげられるようになるんじゃないかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました