【自転車楽しい!!】4歳の娘が自転車に乗れるまでの全記録

あーちゃんが自転車に乗れるようになりました。まっすぐ進んだり、ぐるぐる回ったり、それはもう公園内を行ったり来たり、足が疲れるまで、ガンガン乗って遊んでます。ブレーキがまだ自分の思うようにできないので、公道には出られないけど、だいぶ進歩しました。

そんな中、パパがあーちゃんすごいなって思ったことがひとつ。それは、自転車に乗れるまでほとんど転ばなかったこと。

自分が自転車の練習をしていた時は、なんかいっぱい転んで、手足にいっぱい傷をつけて、やる気なくして泣いて、みたいな感じでした。なので、あーちゃんもそうなるのかなって思いながら教えていました。

でも、いざ教えてみるとあっさり乗ってしまいました。どうやらあーちゃんだけではなく、最近の子どもは、意外とすんなり自転車が乗れるようになってしまうらしいです。そんなものなの?パパの仕事はあっさり終了。

今回は、乗り物に興味をもってから、あーちゃんが自転車に乗れるようになるまでを書いていきます。これから自転車が乗れるようにチャレンジしていく子供の参考になればいいな。

スポンサーリンク

三輪車に乗る ~乗り物に興味を持とう~

まずは乗り物に興味をもつための練習として、三輪車で練習。あーちゃんは2歳のときに三輪車を初体験。最初は乗り方がわからないのと、脚力が足りないので、全然進まないで、2~3こぎしたらもう飽きてしまい、三輪車はそのまま放置されてしまうことが多々ありました。

でも三輪車の素晴らしいところ。それは、保育園の遊びにも使われること。保育園で乗れるようになったようで、
「あーちゃん、みーせて。」
っていうと、
「いーいーよー。」
って大回り1周三輪車を乗って、そしてドヤ顔!

乗れるようになると楽しいからずっと乗り続けて、それでもっと楽しくなって、
「三輪車のりたーい。」
っていうようになりました。

三輪車が乗れるようになったあーちゃん。三輪車はハンドル操作を学べるのですが、ふつうの自転車と比べて、力を入れる方向が違うので、次は三輪車に慣れすぎない時期に、別の乗り物の練習を開始していきます。

キッズバイクに乗る ~バランス感覚を養うよ~

三輪車が乗れるようになったあーちゃん。乗り物が好きなら、あーちゃんにこれ買ってあげようかな?パパとママがあーちゃんに買ってあげた、キッズバイク。これがあーちゃんの新しい友達。

あーちゃんの2個目の乗り物、キッズバイク。我が家はストライダーを選択。

理由は、特になし。ただただこれがいいんじゃない?ってママと相談して決めました。

というわけで、あーちゃんのキッズバイクライフがスタート。でもすぐ終了。

キッズバイクをまたがるところまではいくのですが、乗り方がわからないので、またいだ状態で2~3歩歩いて、つまらなそうな顔して終了。

「それだと乗れないよ。蹴って勢いつけなきゃ。」
ってあーちゃんに言っても、あーちゃんに勢いをつけるだけの脚力がなくて、チョンとけってまた2~3歩歩いてまた終了。

まだキッズバイクは早かった?三輪車に乗り換えて楽しそうにしているあーちゃんを見て、パパとママは思うのでありました。それから半年ぐらいストライダーは封印されました。

ちなみにりっちゃんはいまここら辺。
「あーちゃん、すごいね。」
って言いながら、ストライダーにまたがって、ゆったり歩いて楽しんでます。

転機が訪れたのは、あーちゃんが3歳になったとき。保育園の友達が公園でキッズバイクを乗ってるのを見て、楽しそうだったから、自分もやってみたいと言い出すあーちゃん。

そして、約半年の封印を解かれて、解き放たれるストライダー。でも、まだちょっと脚力がなくて、ちょっと進んだら、すぐ止まっちゃいます。

自分で勢いがつけられないのなら、勢いをつけてあげればいいんじゃないかな?、ということで、公園へ行って、ゆるやかな坂道を使って再度挑戦。ようやく乗れた、やったー。あーちゃん、にっこり。

三輪車でハンドルの操作はある程度できているので、勢いをしっかりつけて、バランスが取れれば、楽しいおもちゃに早変わりのキッズバイク。あーちゃんは結構怖いもの知らずでガンガン行き、なんでもチャレンジしていく性格なので、坂道を使っての荒業で行きました。勢いのつけ方を考えてアシストしてあげるといいと思います。

あーちゃんはストライダーが相当好きで、今もたまにビューンって乗って楽しんでます。

補助輪自転車に乗る ~ちゃんとこげて、ブレーキできる?~

4歳になったあーちゃん。キッズバイクで、バランス感覚が鍛えられ、自転車に乗るために必要なのはあとこぐ力とブレーキ。

まずは自転車自体に慣れるために、補助輪つき自転車を乗るか?ただ、これにママが反対。
「補助輪付き自転車だと、また補助輪外した時にふらふらしちゃうんじゃない?」
なるほどね、じゃあ交通公園の補助輪つき自転車で軽く練習ぐらい?

ということで、自転車に慣れるためだけに、補助輪付き自転車を使用しました。

最初は自転車の力の入れ方がわからずに、なかなか進まず。三輪車と違い、下に力に入れてこぐ感覚がないみたい。でも2~3分かからずに慣れて、すぐにすいすいとこぐようになったあーちゃん。

ただ、一つ問題が。わかりきってたことですが、止まり方がわからず。この問題点だけわかったら補助輪付き自転車はおしまい。正味1時間ぐらい。ほんと短い。いよいよ自転車に乗っていきます。

自転車に乗る ~いざ実践~

というわけで、問題点を出しただけで、あっさり終了の補助輪付き自転車。すぐに返却して、ふつうの自転車と交換。

練習場所は交通公園。交通公園の自転車練習場がすごくよかったです。というのも、地面に8の字が書かれているため、それを目印にハンドル操作の練習ができるため、教えるほうも乗るほうもやりやすくてありがたいです。

まずはブレーキの存在をあーちゃんに覚えてもらいます。練習用自転車のスタンドをあげて、あーちゃんに思いっきりこいでもらいます。パパが”止まって!!”って声をかけたら、ブレーキをかけてもらうようにしました。ブレーキの感覚を覚えたらひとまず終了。

次はサドルをしかとして、キッズバイクと同様に、蹴って進んでから足を浮かせてバランスをとる練習。ちょっとしたら、蹴った後に足をサドルに乗せる練習。これに飽きたら、また自転車を止めてブレーキの練習。バランス感覚は鍛えられているあーちゃん。多少ゆらゆらするも、このミッションをクリア。

そして次に、自転車の後ろをもって、自転車がこぐと進むことをあーちゃんに教えます。
「勢いよくこがないと止まっちゃうからちゃんとこいでね。」
と、あーちゃんに伝えておきます。補助輪付き自転車で自転車のこぎ方を覚えたあーちゃん。ここも楽にクリア。

いよいよ実践。ちょっと押したら手を放して、あーちゃんの様子を見ます。するとあーちゃんは手を離した時に後ろを見るようになりました。なるほど。それなら、パーカーを脱いで、それをあーちゃんに見えるように離れて置きます。そしてあーちゃんに
「パパのお洋服を見て、自転車こいで。」
と伝えます。すると前を向いてあーちゃんはゆらゆらして、足をつきながらも、少しこいで進めるようになりました。それを続けていき、こぐ距離を長くしていきます。

最後は、曲がる練習。ここで地面に書かれた8の字が大活躍。
「8に沿って自転車で行ってきてみな?」
と、あーちゃんに伝えると、くねくね進みながらだいたいできるようになりました。

「もう自由に行っておいで。」
パパがそう言うと、あーちゃんは嬉しそうに思いっきり自転車をこいでいきました。

自転車を教えるうえで注意したこと

あーちゃんに自転車を教えるうえで注意していたこと。

それは、絶対に怒らない。できたら大げさにほめること。

あーちゃんは気分屋なので、やる気がそがれた時点でもうすべて投げ出します。パパやママがいくら言っても本人のやる気がなければ意味はありません。やる気があるうちに一気にやる。ダメなら一緒に理由を考える。もうやめるって言ったら、その日は終わりにしてしまえばいい。

自分ができるから子どももって思ってやるとだめなのかなと思いました。実際あーちゃんが自転車の練習を始めて乗れるようになるまで、3日ぐらいかかってます。

パパやママもすぐに自転車に乗れたわけではないでしょう?いっぱい転んで傷を作りながら自転車に乗れるようになったわけです。寛大な心を持って見守ることも重要だなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました