トランプ遊び

どーも、パパです。

あーちゃんもりっちゃんもお姉ちゃんになり、頭をつかった遊びも徐々に取り入れていくようになりました。

そりとかすもうとか、体を使った遊びももちろん大好きですが、しりとりをはじめとする頭脳遊びも大好きになってきてます。

今回はあーちゃんとりっちゃんとのトランプ遊びについて。

一筋縄ではいかない2人の娘との遊び。トランプもなかなかうまくいかない?感じ。

スポンサーリンク

神経衰弱をやってみた

普通にプレイ

まずやってみたのが神経衰弱。

でも、52枚のトランプでやるのは時間がかかるため、まずは半分の枚数でやってみます。

パパとあーちゃんとりっちゃん3人でプレイ。

2人とも置かれてるカードの位置を覚えているので、真面目にやっても結構いい勝負になります。

さらにあーちゃんはとられそうなカードを隠したり、わからないカードをのぞき見しようとしたり等、ずる賢いことをしてきます。

2人とも成長してるなぁ。とパパはしみじみしてしまいます。

2人だけでやる時は・・・

そしてあーちゃんとりっちゃん2人だけでもやってます。

でも、2人だとあーちゃんのズルを止める人がいないので、すぐにりっちゃんが

「あーちゃんズルばっかだからヤダ!もうやらない。」

って、すぐ終了。トランプをブン投げ始めるので、干渉する人が必要となります。

だけど、パパとママは家事で忙しい。だれかあーちゃんとりっちゃんの神経衰弱を見てくれる人いるかな?

そんなときに登場するのが、2人がおままごとで使っているメルちゃん。

おもちゃの人形がずるの抑止をしてくるのか?これが実は効果てき面!

りっちゃんがメルちゃんを抱えながら2人で神経衰弱をやってるときに、あーちゃんがズルし始めると、

「あーちゃんズルした。メルちゃんズルしないいい子になってね。」

ってりっちゃんがママになって、メルちゃんに伝えます。

あーちゃんもメルちゃんのママなので、メルちゃんにズルは見せたくないのか、りっちゃnがメルちゃんに言うとすぐズルをやめるんです。

そして2人でちゃんと神経衰弱をやり切ります。

自分たちの子供の前では変なことはできないのでしょう。パパやママも見習わなくてはなりません。

ババ抜きをやってみた

ババ抜きのルールはみなさんご存じのとおり。Jokerが残ったら負け。

のはずなのですが、トランプ=神経衰弱のイメージのあーちゃんとりっちゃんは、

【2枚同じものがそろったらOK!】

【トランプは全部ペアがあるため、残るカードがあるはずはない】

という認識のため、Jokerが残るという状況が理解できていません。

なので、ルール変更。

【一番最初に全部そろった人が勝ち】のババ抜きが開始されます。

全部揃うはずなのに…

それではババ抜き開始。

まずは、3人でふつうに【全部そろった人勝ち】ババ抜きをします。

【そろった人が勝ち】なので、手札を見せ合わないというルールは2人にはなし。

りっちゃんは手札を全面展開させて、とったカードと照らし合わせてそろったかどうか確認。

あーちゃんは、自分がとる相手の手札を強引にのぞいてそろえていくスタイル。

それぞれ楽しめているからスルーして、ババ抜きをやっていきます。

そして、あーちゃんがあがり。

りっちゃんもカード全部そろえたいから、続行し、りっちゃんあがり。と同時にパパもあがり。

残り枚数はもちろんゼロ。きれいになくなります。

「もう1回やろう。」

同じようにババ抜きして、今度はりっちゃんがあがり。

そしてあーちゃんも全部そろったとなったとき、あれ?パパ残りあるぞ?

どっか1枚いっちゃった?落とした?

回り見てもなし。しょうがないから、残った1枚を抜いてもう1回ババ抜きをスタート。

次はあーちゃん勝ち、そしてりっちゃんが上がると、今度はパパの残りはペアとならないカードが2枚。

なんで?

さっき抜いた1枚をもう1回加えて、再度ババ抜き。

今度はパパが一番。すると。あーちゃんとりっちゃんもきれいに上がって残りは0枚。

おそらくペアを出すときにくっついたほかのカードを一緒に出してしまってたんでしょうね。

パパだけ上がれないババ抜きかと思いましたが、最後はあがれてよかったです。

2人も笑顔。それが一番。

コメント

タイトルとURLをコピーしました