仲良く遊ぶための秘訣 ”10カウント”

今から声に出して”10”を数えてください。

いーち、にー、さーん、しー、ごー、

ろーく、なーな、はーち、きゅーう、じゅう。

”10”かぞえましたか?


大人になってから声に出して”10”数えることがなくなってるなって思いませんか?

思わない?そうですか。

それでは、”10”を数えるとき、どんな場面をイメージしますか?

カウントダウン?格闘技?

子育て真っ最中のパパは、お風呂出るときとか、かくれんぼとか、そんな場面をイメージします(実際数えてます)。

あーちゃんとりっちゃんも数えます。

いーち、にー、さーん…。

保育園で遊ぶ時とかも、10かぞえることがあると思いますが、パパの前で10かぞえるとき、それはちょっと状況が違います。

スポンサーリンク

10秒数えてみる すると…

あーちゃんとりっちゃんは、普段仲良く遊んでますが、もちろんケンカもします。

そして、一番のケンカの理由となりうるのが、

”これはわたしの!!”

っていう、おもちゃ争奪戦。

好きなぬいぐるみ、絵本、おままごとセット、お医者さんのおもちゃカバン…。なんでもかんでも取り合います。

同じ物を2個持ってても

「こっちはあーちゃんが使う!!」

「ちがう!りっちゃん!!」

なんでかわからないけど、取り合います。

そして、おもちゃの取り合いは、お互いの叩き合いに発展。

バシバシ!ドカドカ!

こういうときはだいたいりっちゃんが負けてしまいます。

「あーちゃんがりっちゃんが遊んでたのにとったー!!!( ノД`)」

りっちゃんがパパに泣きついてくる。ここまでがケンカの一連の流れ。

そしたらパパはりっちゃんにいつも、

「10数えたらあーちゃんがかしてくれるんじゃない?」

って、りっちゃんに言います。

「いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろーく、なーな、はーち、きゅーう、じゅう。」

「かーわってー。」

そう言うと、あーちゃんがりっちゃんにおもちゃを譲ってくれます。

「ありがとう。」

「どういたしまして。」

ここまでなら、仲良し姉妹のほほえましい光景。

でも、さすが?は我が家の娘たち。ちょっとおかしなことも起こります。

10秒数えて交代?じゃないの?

今日もケンカ、いつものおもちゃの取り合い。そして、りっちゃんが負ける。まぁいつも通りの流れだね。

「いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろーく…。」

「はい。」

10かぞえ切る前に、おもちゃをかしてくれるあーちゃん。

おっ。今日は早くかしてくれたあーちゃん。よかったねりっちゃん。とパパは思ったのですが…、さらに大きな声を出して、泣きだしてしまうりっちゃん。

「どうしたりっちゃん?」

「あーちゃんがりっちゃんがまだ10かぞえてないのにおもちゃかしたー!!( ノД`)」

えっ?なにそれ?10かぞえたかったの?

「あーちゃん、りっちゃんが10かぞえてからおもちゃかりたいみたいだから、
もうちょっとおもちゃ持っててくれない?」

「やだー。あーちゃんもうこれで遊んでるもん。」

そうだよね。あーちゃん。君はもうこのおもちゃ終わってるもんね。興味ないよね。これ。

「あーちゃん、使わないみたいだから、りっちゃん使えば?」

「りっちゃんもいらない。」

えー。そして、2人が取り合ったおもちゃをもって、呆然と立ちつくすパパ。

パパは、その後おもちゃをそっとしまったのであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました